⑤認知症と不動産の売却

ご相談内容

hito4 (1)
父が認知症になってしまっているため、介護施設へ入居を考えています。

不動産を売却する際に何か気をつけた方がよいことはありますか?

 

専門家からの回答

認知症の方が土地を売却する際には、
成年後見制度を利用することが必要になります。

①後見の申し立て


成年後見の申し立てを、家庭裁判所に行います。
お父様の後見人になれる方を立てる必要があります。

②家庭裁判所からの許可


被後見人の方の不動産を売却する際には、
家庭裁判所からの許可を受ける必要があります。

③買い手を探す


不動産を売却する際には、不動産業者に買い手を見つけてもらいます。

④売買契約を結ぶ


買主が見つかったら、売買契約はお父様の後見人が結びます。

⑤所有権移転登記を行う


不動産の持ち主が変更するため、所有権移転登記を行います。
この手続きは、司法書士が行います。


  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map