②不動産の処分について

ご相談内容

父の遺産が不動産しかないため、不動産を売却して、hito2 (1)現金で分けたいと考えています。
どのようにすればよいでしょうか?

 

専門家からのご回答

不動産しか大きな財産がない、または、不動産では分けることが難しいため、
現金で解決したいという方が多くいらっしゃいます。
不動産を共有名義にする場合、何かと面倒になってしまうため、
現金でわける方法は、得策ともいえます。

不動産を売却して現金で分けることを考えたとき、

①相続登記(名義変更)を行う

相続登記を行い所有者を、お父様の名義から相続人様の名義に変更します。

②不動産の買い手を探す

こちらは、不動産業者さんが行います。

③売買の契約

買い手が見つかった場合は、売買契約を締結します。
こちらは、不動産業者さんが行います。

④所有権移転登記

所有者様が、不動産を買った方に変更するための、
登記申請を行います。


  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map