①不動産の名義変更は必要ですか?

ご相談内容:

相続で、父から不動産を譲り受けました。hito1 (1)
しかし、私達夫婦は遠方に住んでいるため、父の不動産を売却しようと思っています。
父名義の不動産を相続登記(不動産の名義変更)することは必要でしょうか?

専門家からのご回答

相続登記(不動産の名義変更)が必要です

不動産を売却するときは、相続登記(不動産の名義変更)が必要です。
さらに、不動産の名義変更を行うまでには、
他にもさまざまな手続きがあります。

①戸籍の収集

相続人にあてはまる方のすべての戸籍を集めることが必要です。

②財産評価額を示す

固定資産税評価証明書を市区町村から取り寄せます。

③遺産分割協議書の作成

遺産を誰にどのくらい分けるかを話し合い、その結果を書面に落とします。
そうすることで、後に「実は、わたしはあの時に納得していなかった!」などのように、
遺産の分割が曖昧になってしまってトラブルになることを防ぐことができます。

④相続登記の申請

お父様名義から、一旦遺産分割で決まった方に名義を移します。


これらの一連の流れは、
一度不動産を売却して、現金で相続人の間で遺産を分ける
という場合にも必要です。


  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map