土地・建物の相続手続き

日本では、相続財産の約50%が土地や建物の不動産です。


これらの不動産は、法律で決められた相続手続きが必要になります。
この手続きを怠ることで、罰則があったり、家族での争いが起こったり、トラブルの元と
なりかねません。

もし、相続で不動産を受取った場合、どのようにすればよいでしょうか?
相続と不動産にかかわる皆様から寄せられる質問を、Q&Aの形でお答えしていきます。

さらに詳しく知りたいというお客様は、お気軽にご来所ください。

①.不動産の名義変更

父の不動産を売却しようと思っています。hito1 (1)

父名義の不動産を相続登記(不動産の名義変更)することは
必要でしょうか?

詳しくは、こちらをご覧ください。

②不動産の処分

資産が不動産しかないため、不動産を売却して、hito2 (1)

現金で分けたいと考えています。

どのようにすればよいでしょうか?

詳しくは、こちらをご覧ください。

③相続登記が昔のまま

10年前に父が亡くなりましたが、hito3 (1)
土地の名義がまだ父のままです。

このまま自分が保有し続ける上で、問題はありますか?

詳しくは、こちらをご覧ください。

④遺産分割

父の不動産をめぐって、兄弟間で土地の取り分で折り合いがつきません。hito6 (1)何か解決する際に、よい方法はありますでしょうか?

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑤認知症と不動産の売却

父が認知症になってしまっているため、介護施設へ入居を考えています。hito4 (1)

不動産を売却
する際に何か気をつけた方がよいことはありますか?

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑥借地権の問題

借地権付の建物を相続しました。hito5 (1)今後もこの家に住み続けるためには、地主から許可をもらうことが必要なのでしょうか?

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑦相続税の問題

相続した不動産の額が大きいため、相続税を納めることができません。hito7n (1)

何かよい方法はありませんか?

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑧底地の管理の問題

父の相続で、底地権を受け取りました。hito8 (1)

管理が面倒なため、売却できないのか困っています。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑨生前贈与の問題

弟が昨年家を建てる時に、父親から1000万円の資金援助がありました。hito9 (1)

これは生前贈与になりませんか?

 

詳しくは、こちらをご覧ください。


  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map