介護施設への入居費用を捻出するため、相続した不動産を売却したケース

介護施設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現状

福井市に住んでいる良子さんには、名古屋に住んでいる娘がいます。
夫の利一さんが死亡し、相続財産の良子さんが住んでいる不動産(800万円)と現金900万円を
良子さんと娘のサツキさんで分けることになりました。

良子さんは、将来認知症になったことを心配し、近くに身寄りがないため、
介護施設への入居を考えています。

サツキさんは、名古屋に住んでおり、自宅も建てているため、福井の不動産は必要ないと良子さんに伝えてきました。

そこで良子さんは、当事務所に遺産をどのように分ければよいのかのご相談にいらっしゃいました。

司法書士の提案&お手伝い

介護施設へ入居を検討されていたため、「現在良子さんが住んでいる自宅を良子さんが受取り、
売却して介護施設入居のための一時金にし、娘のサツキさんは現金を相続すること」を提案しました。

結果

良子さんは自宅を売却し、介護施設への入居費用を用意することができました。
また、良子さんの生活が不安だった娘のサツキさんも、無事母親が介護施設に入居できて、
喜んでいらっしゃいました。

 

 

解決事例の最新記事

  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map