親族の相続問題に関わりたくないケース

相続放棄したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

状況

①亡くなった叔父の相続放棄をしたいと、ご相談を受けました。

②叔父さんの弟である依頼者の父親も、すでに数年前に亡くなっていたため、代襲相続により相続人となりました。

③依頼者の父親は、3人兄弟の末っ子でしたが、兄弟の仲は、あまり良いとは言えなかったため、他の相続人との話し合いが、簡単にはまとまらないことは、容易に想像できました。

④そのため、依頼者は、叔父さんの相続に関わらずに済む方法を色々と調べていました。

司法書士のお手伝い&提案

①ご相談いただいたときは3ヶ月以内の熟慮期間中でしたが、期限が迫っていたため急いで手続きを進めるにいたりました。

結果

①他の相続人との話し合いに第三者の専門家が入ることによってスピーディーに相続放棄の手続きをする事が出来ました。

解決事例の最新記事

  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map