10年前に無くなった母の相続放棄をしたいケース

10年前の相続放棄

 

 

 

 

 

 

 

 

状況

①母親の相続放棄についての依頼でした。母親が亡くなったのは約10年ほど前でした。

②母親は、生前に、父親が組んだローンの保証人となっており、最近になって、父親のローン返済が滞ったため、母親の相続人である依頼者に対して、金融機関から請求がありました。

③亡くなってから10年も経過しているため、相続放棄が認められるかという依頼でした。

司法書士のお手伝い&提案

①母親が亡くなった当時依頼者は小学生であったために母親が父のローンの保証人になっていることは知りませんでした。

②そのため、その事情を家庭裁判所に上申書で詳しく説明するようアドバイスし、相続放棄の申述をしました。

結果

①その結果、かなり昔の相続でしたが、無事に相続放棄は受理されました。

 

解決事例の最新記事

  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map