土地と未登記物件を兄妹で相続したケース

土地と未登記物件を兄妹で相続したケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

状況

①1筆の土地上にある自宅とアパート(いずれも未登記物件)を相続した方の相談事例です。亡き父親は先代から相続した土地に自己資金で自宅とアパートを知り合いの工務店の方に建築をしてもらったため、建物の登記手続きを済ませないまま現在に至っておりました。母は既に他界しており、相続人は兄(48歳)と妹(42歳)です。均等割合で亡き父が遺した相続財産を引継ぎたいと妹様から相談を受けました。

司法書士の提案&お手伝い

①まずは亡き父親が遺した不動産、金融資産等の財産調査をして、財産目録を作成すること、その上で均等割合に分配できるかを検討することを提案しました。調べた結果、土地を自宅とアパートの境界線に沿って土地を分割(分筆)し、自宅(兄が居住中)とその敷地を兄、アパートとその敷地を妹、差額分を遺した金融資産で調整すれば、均等割合になることが判明しました。

②土地を分割(分筆)し、土地と建物を相続人名義にするためには、土地と建物の表示登記をする必要があります。当センター提携の土地家屋調査士と連携をとりながら、相談者に過去建物を建築した際の資料を用意していただき、未登記建物の調査と遺産分割手続きを進めていきました。

 

相続手続きサポートの個別無料相談!

2764546

「福井 相続・遺言相談センター」では、相続・遺言に関してお客様をサポートするために個別無料相談を行っています。

わざわざ専門家に相談する必要は・・・」という方ほど、 迷わずご連絡下さい。重大な問題が隠れていたり、紛争に発展する可能性があります。

相続・遺言全般に関するお悩み、疑問、質問をお持ちの方は、どんな些細なことでも構いませんのでご相談ください。

※相続無料相談にお越しいただく際には、事前のご予約が必要になります。

※相談会参加をご希望の場合は、電話かメールにて、事前にご連絡ください。

事前の予約がない場合には、相談会にご参加いただけませんので、ご注意ください。

TEL:0776-63-6861 

メールでのお問い合わせはこちら

休日相続無料相談会

「 福井 相続・遺言相談センター 」では、「相続の相談をしたいけど、平日には仕事があっていけない・・・」という方のために、休日に相続無料相談会を開催しております。

※事前の予約がない場合には、相談会にご参加いただけない場合がございますので、ご注意ください。

TEL:0776-63-6861 

メールでのお問い合わせはこちら



解決事例の最新記事

  • 当サイトをご覧いただいたお客様からは、
    こちらのページをよくご覧いただいております。

    合わせてご覧下さい。

    HOME 事務所紹介
    スタッフ紹介 料金表
    相談から解決までの流れ 無料相談会
    iriguchi
  • 登記・法律相談は東村司法書士事務所へ

  • 無料個別相談予約受付中

    相続手続ガイドブックプレゼント実施中

    相続手続はこちら

    相続対策はこちら

    メールでのお問合せはこちら

        
    • blog
    • 東村
    • fukuiken

    Contents menu

    Access map